女の人

ネイルスクールを選ぶときはしっかり資料を見ておくことが大切

即戦力を育てる

勉強する女性

デザインといっても多くの分野のデザインがあります。すぐに思い当たるのはインテリアやファッションのデザイナーでしょう。また、グラフィックやWEBのデザインも最近は人気があります。こういったデザインのプロを目指す場合、大学と専門学校のどちらかでデザインを学ぶ人がほとんどでしょう。美術系の大学だと、美術以外にもいろいろな授業を履修する場合があります。本格的に実践を行なうのは3年生からという大学もあるようです。一方専門学校は2年という短い時間の中で即戦力を育てようとするためたくさん課題をこなす必要があります。実習にすぐ入れるのはいいけれど、忙しいので授業についていくために日々努力が必要です。専門学校を選ぶときはしっかりと資料を取り寄せ、ホームページも確認しましょう。デザインを学ぶために専門学校へ入ったのに、実になるカリキュラムや資格が取れなくてはもったいないです。また、資料に記載されている講師にも注目しましょう。現在活躍しているデザイナーであれば、現場の雰囲気や業界で求められている能力を知っています。そういったノウハウを教われば就職にも役立つでしょう。卒業生の就職先が記載されているのなら、そこも参考になるでしょう。例えば、主な就職先に希望するデザインと関係のないような就職先が多く記載されていたら、そこで学んでもデザインの道で活躍できるとは言いがたいです。就職面もしっかりサポートしてくれる専門学校を選んで、デザインのプロとして自分の力を活かしましょう。